行政書士になったら開業がやはり最高

行政書士, 開業

行政書士の仕事というと、事務所を構えているイメージ、つまり、独立・開業をしているイメージが強いでしょう。

行政書士の開業は、行政書士にとってはいちばんの醍醐味といってもいいかもしれません。
行政書士になったら、誰かに雇われて仕事をする生き方もありますが、 行政書士になることにいちばんのよさといったらやはり自分の事務所を開くことでしょう。

行政書士の開業は、確かに危険も目立ちます。
しかし華々しい成功を手中にしている行政書士は開業をしている人たちが中心になっていることもまた事実です。
せっかく行政書士になって仕事をしていこうとするのなら、開業を視野に入れて 計画を練り込んでいってもらいたいですね。

行政書士の開業をすると決めても、つい心細くなったり二の足を踏んだりしてしまうのは当たり前の心理でしょう。
開業をしたばかりの行政書士が、仕事への習熟度や経営のことで何かと悩みがちであることは自明の理ですから、 日本行政書士会連合会では、開業をしたての新米行政書士たちのために しばしば研修会や勉強会を主催しています。

こういったイベントでは、新人向けに講義等が行われますし、最新の行政書士の世界の事情について 詳しい解説や分析が行われる場となっています。現在の行政書士によく求められることが多い役割について 教えてもらえることも多いですから、新人の開業型行政書士にとっては、自身の仕事のやり方について さまざまなことを学習する貴重な場となることでしょう。
できるだけ出席して、そこで手に入れることができるチャンスを十二分に享受するようにしたいものです。
ここでは特に、ベテランの行政書士がやってくる場所であることも忘れてはいけません。
経験の豊富な行政書士と面識を持つことはとても大事なことですね。こうした場を活用して 行政書士同士のネットワークを築いておくことも欠かせない行為といえます。

行政書士の知り合いをつくることは、早ければ早いほどいいですから 試験に受かる前にはじめられたらなおいいのですが、それは普通の人にとって簡単ではないでしょう。
すでに開業を果たしている行政書士については、学校や通信講座を使って勉強していると 試験に受かる前から知り合いになれるチャンスもあります(講師は現役の行政書士であることが多いですが それ以外にもいろいろな行政書士に接近できるチャンスはけっこうあります)。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!