行政書士にはいったいどんな求人が?

行政書士, 求人

行政書士になったら、求人情報を見つけて、それを利用したいと思っている人たちもいるのではないでしょうか。

行政書士の求人を探すのは、率直にいうと並大抵のことではありませんね。
現在、就職や転職を希望していていろいろな仕事を調べたり探したりしている人たちだったら わかるかもしれませんが、求人情報を見ていて行政書士を募集している光景に出くわした覚えは まずないのではないでしょうか? 

しかし行政書士の資格を取得して、それをうまく使って就職をしたいのなら求人情報が見つからなさそうだから といってあきらめるわけにもいきませんね。
行政書士の求人を探すといっても、「行政書士」の有資格者を募集することはまずないようです。
つまり、企業等は行政書士の資格にこだわって人を募集することに慣れていないといってもいいでしょう。
しかし、行政書士の資格があれば明らかに、法務や行政手続きに関する仕事ははかどるはずです。
ハローワークにしても求人誌やWebサイトにしても、そういった仕事が発生しそうな部署での募集は 見通さないように抽出して、質問をするなどして可能性があるかどうかをコツコツと探求したほうがいいでしょう。

行政書士の求人には、事務所関係もあります。
つまり、他の行政書士、あるいは他の「士業」の事務所もありますし、 経営コンサルティングを行っている事業所等も考えられます。
こういった求人はなかなか出回るものではありません。
企業と違って人員規模も小さめになりますし、あまり人の出入りが激しく行われるものではないからです。
ただし、求人が出るのを待っていてはおそらく永久に入り込めるチャンスはありません。
電話帳等を使うなどして自分から売り込みをかけるくらいのことをしたほうが正論だといえます。
もちろん、断られることが圧倒的に多いわけですが、求人が出るタイミングを待っているようではいけません。
積極性を発揮することが大事ですね。

また、資格の学校や通信講座も求人の対象にはなります。 講師等の仕事は、フルタイム勤務ではなかなか少ないでしょうが、 臨時のポジションであれば見つかる可能性はありますし、 しばらくの間生活をするための仕事という意味ではかなり役に立ってくれることもあります。

ここまでおおざっぱに行政書士の求人の実情を書きましたが、 行政書士の求人は、少し調べるだけでほいほいキャッチできるわけではないことは おわかりになったでしょうか? 試験勉強中から、ときどき自分自身で求人を探してみて、 どんな実態なのかをつかんでほしいと思います。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!