行政書士を一から狙うときの勉強法

行政書士, 勉強法

行政書士の試験に受かって仕事をしていきたいと思うなら、試験に受かる方法を考えないといけません。
行政書士になるためにはどんな勉強法が必要でしょうか、どうやったら試験に受かりそうでしょうか。

行政書士の勉強法の鉄則になるのは、いい先生がいるところで教わることでしょう。
行政書士はとにかく難易度が高い試験です。行政書士の試験について臆面もなく「簡単だ」といえる人たちが いるとしたら、それは弁護士や弁理士等の仕事をしている人たちくらいのものでしょう。
行政書士の仕事は行政に関する書類・行政機関に向けて提出する書類を作成する作業がメインだと 思ってもらって差し支えありませんが、それをやるには膨大な法令の知識を持っていることが前提になります。

六法全書でも開けてみたらわかりますが、法令はとにかく一般人にとってはわかりづらい文章ばかりですね。
しかし行政書士になるにはそれに取り組まないといけません。
一般人が行政書士になるには、ただ机に向っていても埒が明きませんし、勉強法としては結局、 誰か適任者に教えてもらったほうが無難です。

幸い、行政書士の勉強を(自習のような勉強法まで含めて)教えてくれる人たちはいっぱいいます。
行政書士試験のための講座を開いているところは多く、そこで手取り足取り指導してもらうのが最適な勉強法です。

行政書士の講座を開設している学校も多数あって、随時生徒を募集しています。
資料を取り寄せて、場所や開講時間、そして費用等をはかりにかけて選ぶのもいいでしょう。
ただし、安くても数十万円くらいの費用がいりますし どんなに忙しくても、最後まで通い続ける意志がないといけません。

もう少し費用や時間の点で負担が減る勉強法もないわけではありません、それは行政書士の通信講座です。
通信講座だったら家まで教材を送ってもらえますし、添削であったり特別な教材を使ったりして 部屋から離れなくてもプロの教師に教えてもらえます。

特に最近はWebを使ったり、あるいはDVDやCDを使ったりして、 映像や音声で目や耳から講義を受けられる例がメジャーになっています。
費用も学校より格安になるのが普通ですから、これから行政書士を目指す人たちや 他の勉強法でうまくいかなかった人たちは、一度通信講座を試すことをおすすめしたいと思います。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!