手続業務といえども、そもそも分野が異なります

行政書士, 社会保険労務士

さて、司法書士同様、よく行政書士資格の引き合いに出されるのが社会保険労務士です。
行政書士と社会保険労務士は難易度的にも同レベルとされており、受験生の中には両者の間でどちらの資格を目標とすべきなのか迷われた方も多いのではないでしょうか。

行政書士と社会保険労務士は、そもそも専門とする分野が全く異なります。
行政書士の場合には行政手続き全般を幅広く扱いますが、一方で社会保険労務士が扱う書類というのは労働・社会保険関係のみと非常に限定的です。
単純に試験科目のみを比較してもその違いは明らかではないでしょうか。

行政書士と社会保険労務士のどちらの資格を取得するかによって、皆さんの独立開業後の働き方は大きく変わります。
資格試験となるとどうしても「より合格しやすい方を」といった観点で考えがちになりますが、先々を見据えるならば、ご自身の興味関心がどちらにあるのかをしっかり検討されると良いと思います。

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

士業資格を取得する受験生の多くが“独立開業”を目標とされているでしょうが、中には「私には独立なんて向いていない」「いざという時は資格を活かして就職したい」といった方もいらっしゃることでしょう。

そんなケースには、行政書士よりも社会保険労務士の方がオススメです。
行政書士資格を活かした就職というと、一般的には大手事務所への入所くらいしか浮かびませんが、社会保険労務士であれば勤務登録をして就職先の会社の事務方に徹する働き方を選択できます。
社会保険労務士といえば外部と顧問契約をするのが主流ではありますが、「外注するよりは社内で処理したい」という会社も多いため、勤務しながら社会保険労務士として活躍する選択肢はまだまだ残されていると言えます。

ご自身の興味関心、理想の働き方をしっかりと見極め、行政書士か社会保険労務士かを検討するのが得策です。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!