行政書士と司法書士は似て非なるもの

行政書士, 司法書士

行政書士試験を目指す方の中には、実際のところ「そこまで行政書士資格にこだわっているわけではないよ」という受験生も多いと思います。
「何かしら士業資格を取得したい」ということで、いくつか比較検討した結果、行政書士に行きついたというケースも珍しくないでしょう。
ですが、「自分が目指すべきは本当に行政書士なんだろうか?」という疑問を拭えずにいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

ここでは、行政書士とよく引き合いに出される司法書士との比較について、考えてみることにしましょう。

行政書士と司法書士。
響きは何となく同じで、その名の通り「書士」として書類作成を生業とする職業であることに変わりありませんが、取り扱う書類がそれぞれ異なります。

行政書士の場合、国や都道府県、市町村等の行政宛てに提出する書類作成がメインです。
具体的には、役所に対する各種許認可手続きや自動車関連の手続き、外国人関連の手続き等、取り扱う書類の数はおよそ一万超とも言われ、業務範囲の幅広さに特徴があります。

一方で、司法書士の場合、法務局や裁判所に提出する書類作成が主となります。
取扱業務の中心は登記や簡裁訴訟に関わる書類ですが、最近では、自己破産や債務整理の関する仕事に携わる司法書士も増えてきているようです。

上記の通り、基本的な取扱業務の範囲が異なる行政書士と司法書士ですが、一部、重複する分野もあります。
例えば「相続」について言えば、遺言書の作成や相続人の調査・確定、遺産分割協議書の作成は、行政書士でも司法書士でも対応可能です。
加えて、「会社設立」では定款の作成、公証人役場での認証手続きまでであれば、同様に両者の業務範囲内となります。

ただし、「相続」においても「会社設立」についても、書類の提出先が裁判所や法務局になる場合には、司法書士にしか取り扱うことができません。
具体的には、相続であれば相続放棄の手続きや調停・審判申立書の作成、会社設立であれば登記手続きが該当します。

行政書士と司法書士はいずれも似て非なるもの。
一部重複する業務分野はありますが、やはりその役割は若干異なるように思います。
目標設定の際には、自分がどんなフィールドで活躍したいかをしっかり検討し、より適切な資格を狙うのが得策です。
もちろん、行政書士と司法書士では難易度に大きな差がありますが、安易に「合格しやすそうだから行政書士」といった風に決めてしまうと、後々後悔が残るかもしれません。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!