行政書士は他の資格を持ったほうが仕事になる?

行政書士, 仕事

行政書士として仕事をしていきたいと考えるようになる人たちが増えるいっぽうで、 「行政書士の仕事を選ぶことが本当に正しいチョイスなのか」とうがった見方をする人も 絶え間なく出ているそうです。

こんなに不景気な時代ですし、仕事選びを間違えるとあとで取り返しのつかないことになるかもしれないですから 慎重になるのはむしろ当たり前のことです。それでも行政書士の仕事について付け加えるならば、 行政書士の仕事はやりがいもありますしチャンスにあふれている仕事ですから、 行政書士だけに絞ってもじゅうぶんにやっていける仕事であるということができます。

「行政書士の仕事だけでは怖いので、他の仕事もできるようになりたい」といって、 他の資格もとろうとする人たちがいます。これは別に間違いではありませんが、正解だともいえません。
行政書士の仕事だけでも立派に食べていけますし、 他の士業の資格、たとえば宅建・社会保険労務士・司法書士・税理士~、等が候補になりそうですが、 これらのような他の資格を持っていなくても、著しく不利になるということはありません。

さすがに行政書士として開業する気がなく、どこかに就職したいのであれば 他の資格をとるほうがいい思いをしやすいと思われますが、 資格を複数受けようとすると、準備や勉強だけですごく手間暇がかかりますね。
それに行政書士試験合格後も、法改正が多いですから行政書士としての勉強はそれなりに続けないといけません。
企業の面接を受けるときにしても、2つ以上難しい資格を持っていることをアピールしても 「本当にどちらの資格についてもしっかりマスターしているのか」と勘繰られることもあるといわれています。

開業をする場合、行政書士の資格ではできない仕事もありますから、それをきちんと見越してとるのだったら もちろん悪いものではありません。ただし、他の士業の人たちと提携することでもじゅうぶんに補うことはできます (そうすることで、Win-Winの関係になって仕事を紹介し合うこともできます)し、 絶対に複数の資格が必須なわけではありません。

他の資格のことを考えるより先に、行政書士の試験のことと、それに受かってからのプランのほうを しっかりと考えて実行すればいいと思われます。

あえていうならば、行政書士がダブルライセンスを狙うなら社会保険労務士や宅建がいいでしょう。
このふたつについては仕事柄通じる部分も多く、セットで得るのに適しています。
開業を希望するにしても就職を希望するにしても、ダブルライセンスにこだわるなら 社労士や宅建から検討するのも悪くないでしょう。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!