行政書士になったら年収を増やすチャンスあり?

行政書士, 年収

行政書士になったら、いったいどれくらいの収入をもらえて、どれくらいの年収を手にすることができるでしょうか。

行政書士の年収を具体的にイメージしようとするなら、まずどんな行政書士なのかを 先に決めたほうがうまくいくでしょう。行政書士の試験に受かった人たちには行政書士として看板を掲げるのが オーソドックスな働き方ですが、それ以外にどこかに勤務する手段もあります。

あまり知られていないようですが、企業に入ることもできないわけではありません。
これもやはり、法務関連の部署であったり書類作成の仕事が中心であったりというわけですが、 こういった形の場合は一般のサラリーマンと似たような年収になりますね、行政書士の資格を持っていれば、 当然仕事もけっこうできるはずですから、昇進や昇給は早めになるチャンスもおおいにあるでしょう (ようするに、就職をしてからのがんばりしだいですね)。また、資格に対する特別手当も支給されるかもしれません。

もっとも、落ち着いて観察するなら、一般的な他の社員とあまり変わらない給与体系になるでしょう。
つまり、行政書士だからといってそれほどの年収アップを予期することはしないほうがいいわけです。
金額としてはおそらく平均して500万円から700万円くらいになるのではないでしょうか。

これは一般企業に属して、行政書士の能力を使える仕事をするときの例ですが、 経営コンサルタント事務所や、他の士業の事務所、 あるいは他の行政書士の事務所に勤める場合でも、年収にそれほどの伸びはないだろうと考えられます。

行政書士として年収を開花させたいなら? やはり開業することがいちばんでしょう。
もちろん、だれにも頼ることができませんから、リスクは伴いますし、 実際にうまくいかずに廃業する人たちは少なくありません。
それでも、「前の勤めの時代と比べて、行政書士になって年収が200万円以上アップした」
という人たちはそこそこいますし、 いわゆる「勝ち組」の行政書士になったら1000万円クラスの年収になった例もあります。

総論するなら、行政書士は、資格を手に入れるだけで確実に年収が増えるわけではないですが、 当人の戦略や努力しだいで年収が激増する道は必ず開かれている、ということですね。



⇒行政書士の本当の業務内容と収入が分かる!